上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
















ソース:http://yhsoul2.blog.me/119410119
(本文はすでに消されています)







1111.jpg







ミッキーユチョンはよく泣くことで有名です。







授賞式でも泣いて、メンバーの交代説が出回ってた時は生放送でも泣いて


自分の誕生日を祝ってくれても泣きます。





2222.jpg



武道館であった2回目のコンサートの中の「Proud」の映像は


泣いてるゆちょんのおかげでどんなに有名になったことか









東方神起がついに東京ドームの夢を叶えたコンサート、



最後まで泣かないでよく耐えてるなと思ったら、



やはり最後のあいさつの時泣いてしまいます。






ほんと、男だというのに涙もろすぎて...




いじらしいと思いながらもなぜかイライラすると言いますか、




東方神起の熱烈なカシオペアの中にも泣くユチョンを嫌がる人は結構います。




「涙を流すなら男らしくさっと拭けよ、だらだら流してないで...」



「あいつ演技してるんじゃない?」




まあ、こんな話、一ニ回は聞いたことありますよね







でも、ある辛い夏の終わり以降、ゆちょには泣きません。




泣きすぎてもはや中国のファンの心をズタズタにしたという上海コンサート以降、


ゆちょんは涙を流しません。



1254797731_200910061156043365226901_0.jpg


#65533;#65533;#65533;#65533;#65533;#822;#1206;#65533;_kathy_pat31










泣く用がなくなったかって?違います




悲しいことが次々と起こります。




いや、次々という言葉がばからしく感じるほど




波のように、嵐のように、



一人の若い男の子の人生なんてめちゃくちゃに荒らす津波のように、




苦痛や憤怒と悲しみがゆちょんに止むことなく迫ります。




全国民がお金しか知らない奴だって指さして



永遠にともにしようと言っていたファンまで裏切り者だと罵ります。








歌手の人生が終わろうとするその時に



日本の大手事務所が助けの手を差し伸べたかと思いきや、



2010年の夏、甘汁を全部吸い取ったその事務所は



ゆちょんと仲間をまたもや吐きだしてしまいました。












そしてその夏の終わりごろ、ゆちょんはやっとのことでドラマ一つ獲得します。



依然とした彼の演技に対する不信と冷やかしの目線たちの中で。



そして作品発表会があり、過ぎた一年のことをインタビューという拷問のなかで


むりやり告解するように絞り出さなくてはいけないなか...





だけどゆちょんは泣きません。




涙を武器には使いません。








今全国民が2010最高のドラマの一つとして選ぶ「成均館スキャンダル」というそのドラマの中で




ゆちょんは長いまつげを震わせながら最高の涙を落します。




イソンジュンとして。



初めて世間に正面衝突した世間知らずの坊ちゃんとして。



初めて自分の身に変えて生かせてあげたい女を知った男として。





だけどパクユチョンは泣きません。





相変わらずの演技論議の中でとり行われた2010 KBS演技大賞が開かれた時、



ファンたちでさえも彼の涙を期待しました。



「ゆちょんは新人賞もらったら間違いなく泣くよね」と。



しかしパクユチョンは泣きません。



明らかに声は震えていたし、目には言葉に出せない感情があふれていたけど



パクユチョンは泣きません。




ただ一言一言すべての愛する人と感謝する人を列挙しながら



感謝のあいさつをするだけです。







続く彼と仲間たちの初の地上波のステージ、



彼よりこの大きな行事に慣れているという彼の同僚でさえ赤く充血した目で歌を歌っているのに、



パクユチョンには泣いた痕跡がありません。



いや、パクユチョンは笑います。



にっこりと、大きく、安らかに楽しそうに、



何の悲しいこともなかったかのように、



このすべてのことが大したことではないと言っているかのように。








授賞式の直前にあった朝のニュース番組でアナウンサーが


彼と同僚たちにこう問いました。




「法廷紛争の末、今は一人立ちされてますが、最近は幸せですか?」




その時、少し答えを迷っている同僚たちを横にユチョンは宣言するかのように話します。





「はい、とても幸せです」




同僚たちと一緒ではないきら星のような演技の先輩たちとの見慣れないドラマ環境、初めて会うスタッフたちの中で



歌手ミッキーユチョンではない演技者パクユチョンはゆっくり、しかし絶対止まることなく歩いて行きます。







そうだね、ゆちょん。






まだ泣く時ではないよね








今はこれからどんなことが起ころうが幸せになるという思いを固めるときだよね。








そして暗い黒雲が全部過ぎて本当に幸せに笑える時









その時泣けばいいから









-以上박미르끼様-





























いつか、あなたが心の底から笑える日が来たら
私も一緒に大泣きします


これからも末長くよろしくね






c0090245_4a81177034ba0.jpg








あい らぶ ゆー ゆちょな









c0090245_4a7abf5017d68.gif




c0090245_4abb0773d839e.gif






c0090245_4a925f061bd1e.jpg










c0090245_4af4547736ee2.jpg







でも泣きたいときは泣いていいんだからね






もう一回だけ、


あい らびゅー ゆちょな


















c0090245_4a7abf76bf727.jpg











スポンサーサイト


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年02月28日(月)11時04分49秒|| #|編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年02月28日(月)23時28分59秒|| #|編集
ありがと( ; ; )

ゆりちゃん( ; ; )
コメントは初めて(´Д` )
訳してくれてありがとう(。-_-。)
学校で読んでたんだけど
まじ泣きそう(T ^ T)

ゆちょが愛しくてたまらない(/ _ ; )
わたしもあいらぶゆちょなー

2011年03月01日(火)10時49分52秒|URL|かな(yuxiahcun) #-|編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年03月02日(水)04時24分20秒|| #|編集

あらためて、

絶対に負けないっ!

絶対に彼らと一緒に幸せになるんだっ!
と言う想いを強く持つことが出来ました。


必ず皆で一緒に幸せの涙を流せる日が来ますように(^-^)/

本当にありがとうございました♪

2011年03月02日(水)12時27分49秒|URL|towa #GCA3nAmE|編集
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。